岩手銀行赤レンガ館の歴史

明治

1908(明治41年)
1908年 建設中
1908年 建設中

5月5日、着工

1911(明治44年)
1911年 外観
1911年 外観

4月30日、竣工。5月7日、盛岡銀行本店として開業

昭和

1936(昭和11年)
1936年 外壁が白色に塗られていた
1936年 外壁が白色に塗られていた

岩手殖産銀行が買受、同行の本店となる

1960(昭和35年)

岩手殖産銀行が岩手銀行に商号変更。岩手銀行本店となる

1983(昭和58年)

岩手銀行が本店を新築移転。岩手銀行中ノ橋支店となる

平成

1994(平成6年)

11月27日、現役の銀行として、初めて国の重要文化財に指定される

2012(平成24年)
2012年 営業終了後、公開施設のために復原工事を開始
2012年 営業終了後、公開施設のために復原工事を開始

8月3日、中ノ橋支店としての営業終了

2016(平成28年)

7月17日、岩手銀行赤レンガ館、公開施設としてリニューアルオープン